Blog

Mai Little AlienのHPをリニューアルしました。スマホ&タブレットに対応するようになりました。

Myジーンズ育成日記・Day 1(デニムのお話)

先日、児島で購入した岡山産のMyデニムが届きました(お買い物レポはこちらからどうぞ)。

天領デニムさんのストライクゴールドと言うシリーズです。ユニセックス仕様なので、結構重ためです。個人的には軽い(薄い)生地が好きなんですが、こちらのデニムは昔ながらの機械で織っているため、折り目が程よくゆるく、履き込むうちに柔らかくなっていくそうなので、重たさを感じないとのお話でした。

せっかくなので、袋から出したばっかりのパリパリの状態をパチリ!(ワンウォッシュ仕様です)。本当に出したばかりなので、折り皺が付いてます(笑)。

タグです。岡山産であることの証明カード(中に金のシール付き)と、ストライクゴールドのタグ。

あとは気になるディテールの記録写真を…

↓ベルトループは中に芯が通ってるやつです。この凸凹が面白い感じに擦れてくれそうですね。

↓後ろポケットには隠しリベットが…!(あたりまえですが隠してあるので、見えません)なんで隠してあるのか、教えてもらったのですが忘れちゃいました(汗)、でも好きですよ、こういうよく分からないこだわり。

↓内側の、リベットの裏側。

最近の量産のデニムだと、このパーツがアルミとか、錆びない素材になってるんです。天領さんはあえてこれを昔ながらの鉄で作って、サビで周りの生地に色が滲むようにしているらしいです。もう既にちょっと茶色くなってますね!

ここが茶色く滲んできて「きゃっほー(^▽^)!」と喜ぶか、「なんだこれ不良品(ー ー;)?」って思うかで、好みが分かれそうですね。あ、ちなみに錆びないパーツを使ってるデニムもあったんですよ。ですが、あえて錆びる方を選んでみました。断然「きゃっほー」派です。

↓最後に気になるセルビッチ…!

耳が金色!可愛いですね/// 裾上げもデニムと同じ糸で、チェーンステッチで入れてくれるのが嬉しいです。普通の店にお直しに出すと、ただの直線縫いになっちゃうことが多いので。ちなみに職人さんこだわりの、デニムの裾上げ専用のチェーンステッチミシンを使ってるらしいです。ちゃっかり型番まで聞いてきちゃいました。買いませんが(笑)

 

お色的には、めちゃ染めたてインディゴです。いつもは既にウォッシュ加工されているデニムを買うので、こういう生に近いデニムを買うのは久しぶりです。ドールデニムだとこの状態からさらに削ったり、色落としたり、オーバーダイしたり、と、ここからが醍醐味なので、こういう生っぽいデニムを見ていると、削りたくてウズウズします(笑)。でも、ここはぐっと我慢して、あくまで普通に履いて、自然に育つのを楽しむつもりです。

あと、メーカーさんのこだわりで、色止め加工がされていないので、より落ちやすくなってるようです。これも量産デニムとの違いですね。触ってると早速指先が青くなってきます。ますます削りたくてウズウズしますよ(汗)

私、ドールデニムなんて作っているせいで、日常的にデニムを触っています。日頃から、どうやったら使用感満載のデニムを作れるか、とか、どうやれば色落ちを止めて、ドールへの色移りを防ぐことができるか、とか、真逆のことばかり考えているので、こういうデニムを育てるのは、とても新鮮なのです。

前にもちょっと触れましたが、子供の頃、マイデニムを育ててみようと試したことがあって、毎回失敗しているので、今度こそは(いい大人だし)成功させてみたいものです。ちなみに、私なりに考えてみて、思うに失敗の原因は⑴洗い過ぎていたこと、と、⑵そもそもそう言う用途のデニムじゃなかった、って事だと思うんですよ。

⑴については、2、3回履くと洗いたくなっちゃうので、癖がつく前に洗ってしまって、全体的に色が落ちてしまうので、コントラストが出ないんですね。

⑵については、おそらく色が落ちにくいように、色止め加工がされていた気がします。

過去の失敗も踏まえて、Myデニム完成させてみたいものです…。また一月くらい経ったときに、経過写真載せますね。

本日はここまで。良い1日を…。

*余談ですが、今日は一年で一番チョコレートが安い日です(笑)バレンタインの残りが、ワゴンセールされるんです、明日買いに行こうv

by Mai