Blog

Mai Little AlienのHPをリニューアルしました。スマホ&タブレットに対応するようになりました。

「児島ジーンズ ストリートでジーンズを買う」の巻

少し前にジーンズストリートに行ってきたときのレポです。

児島ジーンズストリートは岡山県倉敷市児島にある、その名の通りジーパン関連のお店が沢山入っている商店街です。公式サイトはこちら:http://jeans-street.com

ジーンズバスというものがありまして、倉敷駅から公共のバスで連れてってくれるのですが、私はジモティーなので自家用車で向かいます。最後にここに来たのが7年くらい前?だったと思うので、ずいぶん景色が変わっていて驚きました。

まず最初に、車で訪れた方のために駐車場が用意されています!びっくり!これは有り難いですね。平日だったので空いてました↓

この辺りは以前は砂利道だった気がするのですが、ちゃんと塗装されてアスファルトが引かれてました。このアスファルトにも秘密があるのですが、それはちょっとあとで。

駐車場から歩いてすぐに…かの有名な桃太郎ジーンズさんがあります。この日は残念ながらお休みだったので、駐車場だけですが(汗)↓

商店街をぷらぷら行くと、こんな物が目に入ってきました…その名もジーンズベイザメ。

DANIAさんというお店でした。主にジーンズ関連のお洋服を制作販売されております。その端切れで何か作れないかと思い、ジンベイザメの小物入れを作ってみたところ、大人気アイテムになったそうなのです。それも納得の可愛さです。

私は店主さんの新作、レアザメさんをお迎えしてきました。(写真のブログ搭載許可も頂いております、ありがとうございましたm(_ _)m)

それから商店街をぷらぷら歩き、自分用のジーンズを探します。特にお目当があったわけではなく、気に入った物があれば買おうかな、と言う感じだったので、外観が素敵だったこちらの天領デニムさんに入ってみることにしました↓

↑あ、お気付きですか?暗いのでわかりにくいんですけど、アスファルトがインディゴブルーなんです!車線が赤白なんです…!これ、デニム生地の耳をイメージしてるんだそうですよ!

こちらのデニムは初めて購入させていただくので、店主のお話を一通り聞いた後、いくつか選んでいただいて、その中からピンときた物に決めてみました。セルビッチ付きと言って、生地の耳が内側両サイドに出るようにカットされているので(ハンドメイドデニムの特徴です)、せっかくなのでロールアップで履けるような長さにしてもらうことにしました。裾直しに出してもらったので、まだ手元にないのですが、これもジーンズを作った職人の方が直してくれるそうなんです…すごいですね、とても贅沢な感じがします。

子供の頃、何度かマイデニムを作れないかと試してみて、失敗しているので(笑)、今度こそカッコよく育ててみたいものです。(マイデニムを育てる=無加工のデニムを購入して、履き込んで、自然に色落ちさせることです)

なかなか時間と根気がいる作業なので、届いたら頑張って履こうと思います!そんな感じで、人生初の児島デニムを手に入れてきました。


余談ですが、私も好きです、ジンベイザメ…v

by Mai